なぜ原材料を牛にこだわっているのですか

 ムコ多糖たんぱく含有食品の開発者による長年の研究と実績により、人がムコ多糖を補給する場合、その主成分であるコンドロイチン硫酸が、人間と同じ組成のコンドロイチン硫酸Aタイプの牛由来のものが一番なじみやすく、体感性が高いという結果が出ています。
 現在、ムコ多糖類の健康食品では、サメやニワトリなどから抽出した健康食品が発売されていますが、サメの軟骨から抽出したものはコンドロイチン硫酸Dタイプで、イカのものはEタイプになります。
実際にお召し上がりになった多くのお客さまの実感として、「やはり牛のものが一番なじみやすい」との評価をいただいております。

「素材へのこだわり」も参考にしてくだい。