ムコ多糖とは?

ムコ多糖とは?

細胞とムコ多糖  私たちの身体には約60兆個の細胞があり、その細胞の周りには右図のような”ムコ多糖”という物質が存在し、そこで必要な水分(体液)をしっかりと蓄えております。そして、細胞に栄養を運んだり、細胞から不要となった老廃物を取り出したりしながら、私たちの身体の「循環と代謝」を支えております。
 人間の身体は、約60%が水分でできているとよく言われますが、身体の中で、このムコ多糖がこれらの水分の多くを蓄えているからになります。
 しかし、このムコ多糖は25歳頃から失われてゆき、それにともなって水分を蓄える力が失われて、身体が乾燥化してしまうことが、老化の原因と言われております。

コンドロイチンやヒアルロン酸などがひとつになったものです

細胞表面のムコ多糖  右図のように細胞の周囲を拡大してみるとわかるように、ムコ多糖とは、コンドロイチン硫酸ヒアルロン酸、ヘパラン硫酸などの物質がたんぱく質を中心にひとかたまりになったものを言います。
 正式には“ムコ多糖タンパク質”といい、プロテオグリカンと呼ばれることもあります。

ムコ多糖の”ムコ”の意味

ラテン語のムコス  ムコ多糖の”ムコ”というのは、ラテン語で「MUCUS=動物の粘液」を意味します。この動物の粘液をもつネバネバ食品が身体に良いことは、昔から知られています。
 また、私たちの身体の唾液や血液などの体液は必ず“ヌルッ”としており、これはムコ多糖が含まれていることによります。

ムコ多糖の”多糖”の意味

ブドウ糖
 ムコ多糖の”多糖”という言葉は、多くの種類の糖が組み合わさって作られているという意味で、けっして砂糖などの糖分やカロリーが多いという意味ではありません。
 糖の組み合わせや配列(糖鎖)によって、コンドロイチン硫酸・ヒアルロン酸・ヘパラン硫酸などの様々な種類が存在します。

昔から"精のつく"と言われる食材に多く含まれます

ウナギとスッポン  ムコ多糖は美容や健康によいと言われ、また、昔から“精のつく”と言われるような食材に多く含まれます。ウナギ、スッポン、魚の煮こごリ、若鶏のスープ、とんこつスープ、牛筋の煮込、ナマコ、ツバメの巣など、どれもヌルヌル・ネバネバした特徴をしています。
 ただし、これらの食品から必要量のムコ多糖を摂ろうとすると、高カロリー塩分過多となってしまいますので、健康食品から効率よく摂取する必要があります。

ムコ多糖の減少による体内水分率の低下

体内の水分率の減少 老化といいますと、50代、60代から始まるものだとのイメージがあります。しかし、私たちの肉体では25歳ぐらいから既に身体の内部からの老化が始まっています。
 それはムコ多糖の体内合成カが衰え、体内の保水力が落ちて身体が乾燥してくるからです。乾燥化がお肌で起これば肌荒れやシミ、シワとなり、身体の中では血管は固く脆くなるなど、様々な不調となって表れてきます。
 いつまでもみずみずしい若さと、健康を保つためには、良質なムコ多糖の補給が必要となります。

ムコ多糖症とは

 ムコ多糖症とは、正式には「ムコ多糖代謝異常症」といいます。
 ムコ多糖を分解するリソソーム(酵素)が、生まれつき欠けていることにより、役割を終えて排出されるはずのムコ多糖のが、体内に蓄積し、臓器や組織が次第に損なわれる進行性の病気です。
 本来の意味からはムコ多糖症ではなく、リソソーム(酵素)欠乏症と言うべき病気です。
 ムコ多糖症の発症は先天的(生まれつき)であり、後天的に発症することは絶対にありません。
 ムコ多糖症の主な症状は、著しい骨の変化、短い首、関節が固くなる等です。その他、角膜混濁、難聴、肝肥腫、心臓疾患、低身長などの症状が見られます。
 この病気の判別方法はあまり知られておらず、適切な治療を受けられる事が少ないという問題もあり、日本では治療の認可がおりません。そのため、治療を受けるために海外に行き、投薬治療を受けているというケースがあります。
 以上、ムコ多糖症とは先天性の疾患であり、私たち成人が発症することは絶対にありません。
 ムコ多糖を食べることで、ムコ多糖症に罹ってしまうということはありませんのでご安心ください。