素材・品質へのこだわり

コンドロイチン硫酸Aタイプへのこだわり

コンドロイチンのタイプ  ムコ多糖類の健康食品の原料では、サメ軟骨やトリのトサカなどが一般的ですが、私どもは人間の身体と同じ種類の組成にこだわり、人間と同じ哺乳類である食肉牛の気管軟骨から抽出したムコ多糖を使用しております。
 ムコ多糖の主成分であるコンドロイチンには、様々なタイプがありますが、食肉牛から抽出したムコ多糖は、人間と同じコンドロイチン硫酸Aタイプになり、組成が同じであるため、親和性の高い素材になります。
(ちなみにサメ軟骨はDタイプであり、人間とは異ります。)

まるごと素材のムコ多糖へのこだわり

ムコ多糖体 コンドロイチンやグルコサミン、ヒアルロン酸などの成分を謳った健康食品が数多くありますが、私たちの身体の中では、これらの成分は単体では存在しておらず、必ずタンパク質を中心としたムコ多糖タンパク質(プロテオグリカン)として存在しております。
 単体成分では肝心の保水力はありません。まるごとのムコ多糖タンパク質であることで強力な保水力を有するのです。
「バイオコーブン」「センテナリアン倶楽部」はこのムコ多糖たんぱくを主原料とした健康食品です。

世界トップクラスの安全性

牧場の牛  原料のムコ多糖は、ニュージーランドの自然放牧で育った、良質な食肉牛の気管軟骨を使用しております。ニュージーランドは世界トップクラスの安全性が認めらた国になります。

品質管理への取り組み

 バイオコーブン及びセンテナリアン倶楽部の製造は国内にある提携工場にて、徹底した安全管理のもと製造されております。皆さまが安心してお摂りできるよう、品質の管理については、万全を尽くしています。

・化学検査工程

ムコ多糖化学検査
衛生面のチェックを行っております。
細菌や微生物などの検査を行っています。

・形状検査工程

ムコ多糖形状検査
造粒・打粒されたバイオコーブンの一粒一粒を検品していく作業です。
素人では分からないキズや変形などを、熟練の検査員がチェックしています。

・梱包検査工程

ムコ多糖梱包検査
検査員の監視のもと、最終的な容器への詰め入れにも、厳重なチェックを行っています。

■HACCP(ハセップ)承認証を取得しました

 更なる安全性を高めるため製品の製造工場では、品質管理の設備を新たに導入し、原料の品質チェック(微生物等)も厳重に行っております。
 食品衛生協会より品質管理についてのHACCP(ハセップ)承認証を取得しております。