ムコ多糖とはどのようなものですか

細胞とムコ多糖  ムコ多糖とは、私たちの身体の中で、水分を蓄えて身体をみずみずしく保ち、様々な機能を維持している大切な物質です。人間の身体は60%が水分と言われておりますが、身体の中にムコ多糖がしっかり備わっていることで、それらの水分を保つことができるのです。
 しかし、このムコ多糖は20代半ばから減り始めてしまい、それに伴って身体の水分量も減ってきてしまいます。すると、身体は乾燥化してゆき、それが老化や様々な身体の不調となって表れてくると言われております。

※ 更に詳しくムコ多糖とは?も参照願います。